--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.08

周囲の反応やいかに

お部屋が決まった後、徐々に周囲に八丈島移住のことを知らせていきました。私の場合、反対される身内がいないので、その点非常に楽(笑)
というわけで、友人知人とお仕事でお付き合いのある編集さん方にお知らせしています。電話だったり、対面だったり、メールだったり、ミクシィでも告知したのでメッセやコメントだったり。
「引越しします。八丈島に」と聞いて、第一声は
「えーーーーーーーっ!」
「なんで!?」
「マジなんですか!?」

…皆さんこのどれかは必ず言いますね(笑)

最もウケたのは
「あ、八王子ですか」
(八しか合ってない)
(しかも2人いた)
全然違いますから!!!

驚くのは共通なわけですが、やっぱりその後の反応は微妙に違います。
「八丈島」がどこにあるのか知らない人もいるし、八丈がものすごい離島(まあ一応そうだけど)と思ってる人もいて、「仕事はどうするんですか!?」と一気に不安になる方も。ネットが通じない、TVのチャンネルが全部映らない、飛行機が通ってないなど、数々の誤解が実に面白かった(笑)ちなみに、全部間違ってます。ADSLはもちろん光も通ってるし、TVのチャンネルは東京都心と同じものが映るし(ただしデジタルテレビはまだ来ていない)、飛行機は日に4便。「Dr.コトー診療所」の影響が大きいんでしょうか。
次に多いのは、一軒家に引っ越すと聞いて「お家賃は?」でした~。まあ気になるよね。

詳しく説明するとたいていの方は納得してくださいましたが、中にはあからさまにいい顔をしない編集さんもいらして…まあこれについては引っ越してから仕事ぶりを見せることで納得していただくしかないです。逆に超ノリノリになった編集さんもいるので、受け止め方は様々といったところ。
友人知人については「いいなー」と言ってくださる方が結構多く、にわかに具体的な興味をもたれる方もいらっしゃいました。やはりスローライフとかロハスとかの言葉が浸透しているので、イメージが悪いということはないですね。地方でお仕事している同業者の方も多いですし。

八丈島は羽田から1時間足らずで飛んでこられる比較的身近な島なんですよ。
1人2人なら泊められるので、友人を呼んでみたいものです。歓迎します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。