--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.26

八丈島下見旅行一日目その3~即断即決

「最初にスゴいとこから行きますねー」
車に乗り込むとラミさんがこう言った。なんか、スゴいところらしい。最初にすごいところを見せておいて、後の物件への耐性をつけておこうという作戦ですね?(笑)
実際車はあっという間に山中に突入し、(八丈島は山と海辺が互いにすぐ近くにある)アスファルトの道路までなくなり、どう考えても対向車が来てもすれ違うなんて不可能な場所を走る。付近に民家はない。
森の中にいきなり空間が開け、小さな一軒家がいくつかくっついて建っていました。(何を考えてこんなところに建てたのかは全く不明)
comic1.gif


古さも古し、ではありましたが、問題はその立地。「家そのものも悪くはないけど、次行こう」となりました。

2軒目は長屋、と言うより平屋のアパート。場所はちゃんと住宅地、かなりきれいで、広さも申し分ない。特に収納が多く、住みやすそうな好印象。ここでもいいかも、でももう一軒あるそうだからそこを見てから。

…で、3件目のお家に到着。三根の住宅地の中にある、小さな一軒家でした。2DKの平屋で、それほど古い感じはしません。日当たりがものすごく良く、庭…までは行かないけど、物干し台がついていました。
ひと部屋がフローリング、もう一部屋が和室。それぞれ6畳くらい。
20070226223920.jpg

大体において文句のない物件でしたが、心を惹かれたのは、その玄関でした。ガラガラ開ける引き戸!東京のマンション住まいではありえない、いかにも「一軒家」という雰囲気にノックアウトされたのでした。

一軒家であることは結構重要な条件で、私の職業が基本的に一日中引きこもって夜も昼もなく活動するタイプであるため、極力回りに迷惑をかけない一軒家が希望だったのです。だって、夜なんか電気つけっぱなし、テレビつけっぱなしで仕事してますからね。東京のマンションは密閉性が高いのでそれなりになんとかなりましたが、島に住むからにはやっぱり一軒家がいいじゃないですか。

「で、契約ってどうすればいいんです?」
…早くもその場で契約の話に移ったのでした。
スポンサーサイト
Posted at 22:39 | 移住計画 |
2007.02.26

引っ越し業者を使うか否か

引っ越し業者に頼むつもりでいた作業ですが、ラミさんと台風おねいさんによると「宅急便で小分けにして出した方がいい」とのこと。
東海汽船のコンテナを借りるとそれだけで30万円!だそうで、しかも量に制限がある。それはなあ…
だいたい、都内からの160サイズの荷物はヤマトで1790円。30万円で167個送れて、しかもドアtoドア。
これがゆうパックだと、1600円。さらに10個から同一あて先個数割引が効くので、(ヤマトなど民間輸送業者はこの辺融通利かない)ゆうパックにしようと思います。
冷蔵庫など、大型家電のみヤマト便を利用すれば、それなりに節約できるはず。

この方法の便利な点は、毎日少しずつ作業しては送り出せる、という点です。冬物や書籍から梱包をし始め、後になって必需品の梱包をすればいいわけですね。

こうなると書籍はともかくも、梱包材が大量に必要になる。ダンボールはもちろん、緩衝材が必要だ。
日ごろから通販を利用しているので、ある程度段ボールは置いてあるけど、もちろんその程度じゃ足りません。追加で買ったほうがいいでしょうねえ。

つーわけで、自分で調べた梱包財いろいろ。

■【送料無料】引越プチプチセット☆1人用☆
色々なサイズのエアークッションがセットになってます。便利そう。






■エアクッション 1200mm幅x42m 1巻【合計¥2400以上で送料無料!】
これは普通のエアークッションですけど、とにかく量が多い!これだけあれば食器もフィギュアも完璧に梱包できますね。




■無地段ボール(10枚パック)特大 620x460x420まとめ買い特価!3セット以上でご注文下さい
160サイズの段ボールです。衣類やぬいぐるみはこれで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。