--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.20

私の引越し裏技その1

引越しに当たって、「まずい!」ってことありますよね~。
何がまずいって、引越し作業中に他人に見られたくないものをどうするか(笑)まあ人によっていろいろあると思いますが。(え?自分は何とはいわないよ?)

イチバンお手軽かつ安上がりなのは友人宅を利用することでしょうが、これは迷惑をかけることを考えるとなるべく避けたい。
で、預かってくれるところはないかな~と色々検索しました。

まず考え付いたのはトランクルーム・レンタルスペースの類。
結構メジャーというか、都会の住宅事情からいって利用されることも多いみたいですね。検索して初めて知ったのですが。
しかしこれ、月単位の利用がほとんどで、24時間出入庫可能とか、空調設備完備とか、いらないサービスがてんこ盛りです。つまり、その分高い。3000円台からというところもありますが、もちろん配送料は別に取るし、宅配便お届けに対応していないところも多いっぽい。
とてもとても、現実的とはいえません。

宅急便会社に預かってもらうのはどうか。宅急便で出して、日付指定をある程度先に指定するという手。
出入りの宅急便の兄ちゃんに聞いてみたら、結構シビアな答えが返ってきました。
「基本的に3日までが限度です。期間が延びれば延びるほど紛失事故が増えてしまいます。4日を越えると営業所から戻されます」
あらら…ダメか。

で、最後の手。郵便局留めはどうか。
郵便局留めというのはオークション発送の時に指定されたことがあり、あれを応用すればいいのでは…と思いつきました。
検索してみると、ネット通販でこれを使っているショップが意外と多いのに驚きました。オークションでもわりと普通に使われている手なんですね。郵便局を指定するから誤配も基本的にない。
しかも、なんと郵便局に到着した日から10日も預かってもらえるんだとか。通知も何も来ないので、取りに行くタイミングを誤ると大変なことになりますが、これはいいですね。
普通の郵便物だけでなく、ゆうパックも対象になります。トランクルームなどと違って追加料金もかからない。ということは!!!

色々とプライベートな事情は誰しも抱えているもの、引越し作業中に「何これ!いつの間に、何買ってんの!?」と思わぬケンカが発生するのを防ぐことができます(笑)

…え?私?何を局留めにするかは言わないよ(笑)

※追記:郵便局で聞いたところ、局留めは1週間程度が限度だそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。