--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.08

周囲の反応やいかに

お部屋が決まった後、徐々に周囲に八丈島移住のことを知らせていきました。私の場合、反対される身内がいないので、その点非常に楽(笑)
というわけで、友人知人とお仕事でお付き合いのある編集さん方にお知らせしています。電話だったり、対面だったり、メールだったり、ミクシィでも告知したのでメッセやコメントだったり。
「引越しします。八丈島に」と聞いて、第一声は
「えーーーーーーーっ!」
「なんで!?」
「マジなんですか!?」

…皆さんこのどれかは必ず言いますね(笑)

最もウケたのは
「あ、八王子ですか」
(八しか合ってない)
(しかも2人いた)
全然違いますから!!!

驚くのは共通なわけですが、やっぱりその後の反応は微妙に違います。
「八丈島」がどこにあるのか知らない人もいるし、八丈がものすごい離島(まあ一応そうだけど)と思ってる人もいて、「仕事はどうするんですか!?」と一気に不安になる方も。ネットが通じない、TVのチャンネルが全部映らない、飛行機が通ってないなど、数々の誤解が実に面白かった(笑)ちなみに、全部間違ってます。ADSLはもちろん光も通ってるし、TVのチャンネルは東京都心と同じものが映るし(ただしデジタルテレビはまだ来ていない)、飛行機は日に4便。「Dr.コトー診療所」の影響が大きいんでしょうか。
次に多いのは、一軒家に引っ越すと聞いて「お家賃は?」でした~。まあ気になるよね。

詳しく説明するとたいていの方は納得してくださいましたが、中にはあからさまにいい顔をしない編集さんもいらして…まあこれについては引っ越してから仕事ぶりを見せることで納得していただくしかないです。逆に超ノリノリになった編集さんもいるので、受け止め方は様々といったところ。
友人知人については「いいなー」と言ってくださる方が結構多く、にわかに具体的な興味をもたれる方もいらっしゃいました。やはりスローライフとかロハスとかの言葉が浸透しているので、イメージが悪いということはないですね。地方でお仕事している同業者の方も多いですし。

八丈島は羽田から1時間足らずで飛んでこられる比較的身近な島なんですよ。
1人2人なら泊められるので、友人を呼んでみたいものです。歓迎します!
スポンサーサイト
2007.02.26

引っ越し業者を使うか否か

引っ越し業者に頼むつもりでいた作業ですが、ラミさんと台風おねいさんによると「宅急便で小分けにして出した方がいい」とのこと。
東海汽船のコンテナを借りるとそれだけで30万円!だそうで、しかも量に制限がある。それはなあ…
だいたい、都内からの160サイズの荷物はヤマトで1790円。30万円で167個送れて、しかもドアtoドア。
これがゆうパックだと、1600円。さらに10個から同一あて先個数割引が効くので、(ヤマトなど民間輸送業者はこの辺融通利かない)ゆうパックにしようと思います。
冷蔵庫など、大型家電のみヤマト便を利用すれば、それなりに節約できるはず。

この方法の便利な点は、毎日少しずつ作業しては送り出せる、という点です。冬物や書籍から梱包をし始め、後になって必需品の梱包をすればいいわけですね。

こうなると書籍はともかくも、梱包材が大量に必要になる。ダンボールはもちろん、緩衝材が必要だ。
日ごろから通販を利用しているので、ある程度段ボールは置いてあるけど、もちろんその程度じゃ足りません。追加で買ったほうがいいでしょうねえ。

つーわけで、自分で調べた梱包財いろいろ。

■【送料無料】引越プチプチセット☆1人用☆
色々なサイズのエアークッションがセットになってます。便利そう。






■エアクッション 1200mm幅x42m 1巻【合計¥2400以上で送料無料!】
これは普通のエアークッションですけど、とにかく量が多い!これだけあれば食器もフィギュアも完璧に梱包できますね。




■無地段ボール(10枚パック)特大 620x460x420まとめ買い特価!3セット以上でご注文下さい
160サイズの段ボールです。衣類やぬいぐるみはこれで。


2007.02.20

私の引越し裏技その1

引越しに当たって、「まずい!」ってことありますよね~。
何がまずいって、引越し作業中に他人に見られたくないものをどうするか(笑)まあ人によっていろいろあると思いますが。(え?自分は何とはいわないよ?)

イチバンお手軽かつ安上がりなのは友人宅を利用することでしょうが、これは迷惑をかけることを考えるとなるべく避けたい。
で、預かってくれるところはないかな~と色々検索しました。

まず考え付いたのはトランクルーム・レンタルスペースの類。
結構メジャーというか、都会の住宅事情からいって利用されることも多いみたいですね。検索して初めて知ったのですが。
しかしこれ、月単位の利用がほとんどで、24時間出入庫可能とか、空調設備完備とか、いらないサービスがてんこ盛りです。つまり、その分高い。3000円台からというところもありますが、もちろん配送料は別に取るし、宅配便お届けに対応していないところも多いっぽい。
とてもとても、現実的とはいえません。

宅急便会社に預かってもらうのはどうか。宅急便で出して、日付指定をある程度先に指定するという手。
出入りの宅急便の兄ちゃんに聞いてみたら、結構シビアな答えが返ってきました。
「基本的に3日までが限度です。期間が延びれば延びるほど紛失事故が増えてしまいます。4日を越えると営業所から戻されます」
あらら…ダメか。

で、最後の手。郵便局留めはどうか。
郵便局留めというのはオークション発送の時に指定されたことがあり、あれを応用すればいいのでは…と思いつきました。
検索してみると、ネット通販でこれを使っているショップが意外と多いのに驚きました。オークションでもわりと普通に使われている手なんですね。郵便局を指定するから誤配も基本的にない。
しかも、なんと郵便局に到着した日から10日も預かってもらえるんだとか。通知も何も来ないので、取りに行くタイミングを誤ると大変なことになりますが、これはいいですね。
普通の郵便物だけでなく、ゆうパックも対象になります。トランクルームなどと違って追加料金もかからない。ということは!!!

色々とプライベートな事情は誰しも抱えているもの、引越し作業中に「何これ!いつの間に、何買ってんの!?」と思わぬケンカが発生するのを防ぐことができます(笑)

…え?私?何を局留めにするかは言わないよ(笑)

※追記:郵便局で聞いたところ、局留めは1週間程度が限度だそうです。
2007.02.09

オタクの引越し

今回引っ越すと、上京してから4回目の引越しになります。割とあわただしい引越しをしてきたし、全部都内から都内、ワンルームからワンルームへの引越しだったので、大変といってもたかが知れてたんですよねー。

しかし今回は大変だよ。ただでさえ島への移住だし、今住んでいるのが1階と2階がつながったメゾネット、実質1DKなので、広さがそれなりということで、荷物が増えてるんです!あと、ここに住んでいる間に家族が1匹から3匹に増えてるし!ああ~どうしよう。

なぜって、私は筋金が入ったオタク!
職業柄ってのもあるけど、それだけじゃ説明しきれないほどの本、同人誌、ゲーム、攻略本、DVD、CD、フィギュアの数々…
洋服なんか必要最小限しか持ってないくせに、どうなることやら…
写真はクロゼットの中。ほら、すごいでしょ(笑)しかも、あくまで一部なんだなあ…
20070209133209.jpg 20070209133307.jpg


で、ある程度は売ろう!と考えて、すでに段ボール箱5箱分の本やらゲームやらフィギュアやらをブックオフとまんだらけに売ったんですが。
…減らない…
ヤフオクにも結構出したんですが、減らない…
売れない、売りたくないものが多すぎる…
げに恐ろしきはオタクの業。
そうこうしているうちにもブックオフで名作の文庫版とか買っちゃってるもんなあ、もうダメだ(笑)

今回は梱包までスタッフにやってもらうサービスを使おうと思ってるんですが、スタッフさん困るだろうなあ…ものすごい額請求されたらどうしよ。心配。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。