--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.08

八丈島宅急便事情

八丈島はものすごく便利な島です。
まず、飛行機が1日4便、船が1日1便。これだけでも他の離島よりかなり恵まれています。
飛行機が通っていない島も多いし、通っていてもヘリコプターだけだったり、小笠原なんて船が1週間に1便ですからね。

いきおい、物資の行き来も盛んです。
そんなわけで、今日は趣向を変えて八丈島の輸送事情を。
ただし、私が分かる部分に限られますが。
また、天候やその他の事情によって左右されることがあるのをご承知の上でお読みください。

八丈島から物を送りたい!と思った場合、一般の人間が主に利用するのは3つです。
<郵便局(ゆうパック)>
八丈に限らず、島嶼部・山間部の強い味方です。八丈島には郵便局は5つ、他にも簡易郵便局がいくつか設置されていて、主な郵便局の機能はちゃんと揃っています。郵便貯金、ATM、ゆうパック、郵便物配達など、問題なく利用できます(簡易郵便局に関しては利用したことがないのでよくわかりませんが)
ちなみにこのATM、三根郵便局ではお正月三が日でも問題なく利用できました。(24時間ではありませんが)
民営化でどう変わってくるのかは正直まだ見えていませんが、しばらくの間は島の人間の間でも主流なのは変わらないと思います。

郵便物の配達と一緒にゆうパックも配達してくれます(大きいものは別)。もちろんクールも大丈夫。
さて、問題の本土までの時間ですが、天候や郵便局に出した時間によって多少ずれてきます。基本的に飛行機を使って本土に運ぶので、届くまでの時間は非常に早いです。朝出した封書や小包は、都内ならたいてい翌日に届きます。

<クロネコヤマト>
国内シェアトップクラスのクロネコ。八丈島にもちゃんと支店があって、クール・着払いも含め集配もきちんとしてくれます。ただし、営業所が島内にひとつしかないため、スタッフさんは大忙しです。
荷物を自宅まで取りに来てほしいときは、基本的に前日に電話で予約が基本です。
こちらも飛行機を利用することが多いらしく、タイミングさえ良ければ翌日着も可。
ただし郵便局ほど頻繁に空港には行けないらしいので、少しタイミングを逃すと1日2日のズレはどうしても出ます。
また、メール便というものがありますが、あれは通常の宅急便とは違うルートでの輸送になるそうで、船便になることも珍しくないとか。つまり、宅急便より時間がかかることがあるのです。(島に限らず本土輸送でも言えることだそうです)安いのでご利用になる方も多いと思いますが、確実に早く届けたい時は宅急便をオススメします。
また、クロネコヤマト引越しセンターは必ずしも対応していません。島へ・島からの引越しにこれを使おうとすると、とんでもない見積額がでてくることがあるのでご注意ください。私の時は「らくらく家財宅急便」のみ対応している、といわれたため大きな家具のみここで運びました。1週間くらいかかるとか脅されたのですが、実際には3日程度でしたね。

<日通航空(ペリカン便)>
日通も八丈島に営業所があります。しかも、営業所が八丈島空港の中にあるんですね。というわけで、貨物は飛行機で運ばれます。これは強みです。八丈島のポータルサイトを見ると、「午前08:00までに受付ければ関東中心部は当日配達可」だそうです。おお豪気。
もちろん電話でお願いすれば集荷もしてくれますよ。
(ここのみは数回しか利用したことがないのでこれ以上の詳しいことは分かっていません、あしからず)


さて、これはどこに頼んでも言えることなんですが、「これ、届くのにどれくらいかかりますか?」と応対に出たスタッフさんに聞いたとき。たいてい、実際にかかる時間より水増しされて言われることが多いです。島は特殊な環境のため、「絶対いついつまでに到着する」とは言いづらいんですね。贈り物などで確実に島に住んでいる人に届け物をしたいときは、少し余裕を持って日にち指定をすると良いでしょう。

これら宅急便と切っても切れないのが、通販。
島での通販事情は、また別の記事で。
(結構利用してます、私も)
スポンサーサイト
Posted at 04:37 | 移住計画 |
2007.03.29

移住日決定

長らく放置申し訳ございません。
引越し準備に、なぜかこのタイミングで立て込んだ仕事の処理に追われて、全然更新できてませんでした。
…というか、本当はこのブログ、もっとマンガを載せていきたかったもので。「ちゃんとアップできるマンガ描いてから」「アフィリもきれいに貼って…」なんて欲張っていたら、放置状態に…
ネタは腐るほどあるので、移住後に順次やっていくことになるんでしょうね。それまで、携帯からでもいいから簡易更新をしたほうがいいかな。

さて、このたび移住日が決定いたしました。

4月25日(水)、わたくしやよは八丈島へ移住いたします!

もう飛行機のチケットも取ったので、確定です。

それまでに全ての引越し準備と仕事の処理が終わらせられるかどうか…デッドヒートの幕は切って落とされた!

八丈島在住の皆様方、4月からどうかよろしくお願いいたします。
Posted at 18:19 | 移住計画 |
2007.02.26

八丈島下見旅行一日目その3~即断即決

「最初にスゴいとこから行きますねー」
車に乗り込むとラミさんがこう言った。なんか、スゴいところらしい。最初にすごいところを見せておいて、後の物件への耐性をつけておこうという作戦ですね?(笑)
実際車はあっという間に山中に突入し、(八丈島は山と海辺が互いにすぐ近くにある)アスファルトの道路までなくなり、どう考えても対向車が来てもすれ違うなんて不可能な場所を走る。付近に民家はない。
森の中にいきなり空間が開け、小さな一軒家がいくつかくっついて建っていました。(何を考えてこんなところに建てたのかは全く不明)
comic1.gif


古さも古し、ではありましたが、問題はその立地。「家そのものも悪くはないけど、次行こう」となりました。

2軒目は長屋、と言うより平屋のアパート。場所はちゃんと住宅地、かなりきれいで、広さも申し分ない。特に収納が多く、住みやすそうな好印象。ここでもいいかも、でももう一軒あるそうだからそこを見てから。

…で、3件目のお家に到着。三根の住宅地の中にある、小さな一軒家でした。2DKの平屋で、それほど古い感じはしません。日当たりがものすごく良く、庭…までは行かないけど、物干し台がついていました。
ひと部屋がフローリング、もう一部屋が和室。それぞれ6畳くらい。
20070226223920.jpg

大体において文句のない物件でしたが、心を惹かれたのは、その玄関でした。ガラガラ開ける引き戸!東京のマンション住まいではありえない、いかにも「一軒家」という雰囲気にノックアウトされたのでした。

一軒家であることは結構重要な条件で、私の職業が基本的に一日中引きこもって夜も昼もなく活動するタイプであるため、極力回りに迷惑をかけない一軒家が希望だったのです。だって、夜なんか電気つけっぱなし、テレビつけっぱなしで仕事してますからね。東京のマンションは密閉性が高いのでそれなりになんとかなりましたが、島に住むからにはやっぱり一軒家がいいじゃないですか。

「で、契約ってどうすればいいんです?」
…早くもその場で契約の話に移ったのでした。
Posted at 22:39 | 移住計画 |
2007.02.14

八丈島下見旅行1日目その2~あったかいのは気候だけではありません

この日は火曜日で、八丈島空港では駐車場で朝市をやっていました。朝市に興味があった私は、ここで物件の見学に連れて行ってくださるラミさんと待ち合わせ。

朝市そのものは、市というより数台の車の後部をあけて品物を並べただけのもの。アウトドア用のテーブルといすを出して、おばあちゃん方がお茶を飲みながらおしゃべりしてました(こっちが目的なんじゃないかという印象が…)

まだラミさんはいらしてなくて、二人でその場で待つか?と顔を見合わせた時、市にいた女性に声をかけていただきました。
「物件を見にいらした方ですよね?ラミさんから聞いてます~」

なぜかこちらの目的から職業まであらかた承知されていたようで、するっとお話でき、実に好印象な滑り出しの八丈島なのでした。
朝市に来る方々もみないかにもな穏やかな人たちばかりです。

ラミさんもほどなく到着、台風おねいさんは車の不調によりやや遅れての到着になりました。
前もってお二方とはメールと電話で連絡はとってましたし、ブログを拝見していたのですが、やっぱり実際にあってお話できるのはいいもんですね。
もともとそれほど不安は感じていなかったのですが、お会いした時点で不安はゼロに。
さあ、物件の下見です。
Posted at 21:40 | 移住計画 |
2007.02.14

八丈島下見旅行1日目その1~第一印象

20070214214345.jpg
とうとう来たよ、八丈島に下見に行く日が!

今回は仕事の相方と行きました。朝の5時半に最寄り駅に集合、羽田から飛行機で離陸。思ったより手荷物検査に手間取り、かなりギリギリの乗り込みとなりましたが…

さて、八丈島空港はこぢんまりとした明るい空港です。折しも春のごとき暖かい好天に恵まれ、空港から出るとそこはプチ南国。ソテツとアロエがわっさわさ生えている、暖かな土地だったのでありました。

実は私たち二人は八丈島上陸するのはこれが初めて。…来るのも初めてな土地に、移住する物件を探しに来る。思えば無謀な計画ではありますが、この下見旅行を通してこの土地へのご縁を感じることになるのでした。

Posted at 21:39 | 移住計画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。